トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

XcodeとMacPortsをインストールしてUNIX環境を整える

[mac]XcodeとMacPortsをインストールしてUNIX環境を整える

Xcodeを入れるとgccなどのCコンパイラを使用することができるようになります。逆にいうと、Xcodeが入っていないと、プログラミングに必要ないろんなことができません。後述のMacPortsはXcodeが入っていないとビルドを実行することができません。

MacPortsは、FedoraのyumやDebian GNU/Linuxのaptのような、オープンソフトウェアのパッケージ管理です。MacPortsを導入すると、portコマンドを使って、“ports”に登録されているオープンソフトウェアのインストール、アンインストール、アップデートなどを簡単に行うことが出来ます。MacPortsのパッケージ管理は、他UNIX系で言うところの ./configure と make、make installを自動でやってくれます。X11(→って何?)が必要なソフトウェアがありますが、自分のMacBook AirではX11はプリインストールされていたので[1]今回は特記しません。

MacPortsは /opt/local/ ディレクトリ以下に実行環境を構築します。このため、portコマンドはたいていsudo(管理者権限)付きで実行することになります。

 環境

  • Mac OS X 10.6 SnowLeopard
    • MacBook Air 2011版
      • MacBook Airのインストールメディア(USB)にはDevelopment Toolが同梱されていないため、Apple DeveloperからXcodeをインストールする必要があります。
      • その他のMacについているMac OS X Install DVDには最初から「オプションインストール」にXcodeなどのツールが同梱されていますが、今回は取り扱いません。
  • インストール対象 @2011-03-15
    • Xcode 3.2.6
    • MacPorts 1.9.2

 はじめに

Apple DeveloperからXcode Toolsをダウンロードするには事前にDeveloper登録を行う必要があります。Developer登録は無料です。Apple IDを持っているとアカウント情報の移行が行えるためスムーズに登録できます。

  • 2011/03/15 現在、以下のURLからApple Developerへの登録が行えます。
    • Register as an Apple Developer http://developer.apple.com/programs/register/
      • 「Get Started」→ Apple IDを持っている人は「Use an existing Apple ID」、それ以外は「Create an Apple ID」で指示通りに登録する。

 Xcodeのダウンロードとインストール

  1. 以下からXcodeのDisk Imageを探してダウンロードします。XcodeはFreeのもの($4.99 払うやつじゃないやつ[2])があります。
    • http://developer.apple.com/xcode/
      • 2011/03/15時点では「Looking for Xcode 3? Download Now」というリンクから辿って、Apple IDでログインすることでダウンロードできました。
      • ファイルサイズが大きいため、ダウンロードには時間がかかります。
    • http://developer.apple.com/resources/
      • ここから探してもいいかも。Mac OS X 「Developer Downloads」→ Downloads「Developer Tools」→ Xcode x.x.x で。
  2. ダウンロードしたDisk Image「xcode_3.2.6_and_ios_sdk_4.3_final.dmg」(バージョンによってファイル名は異なります)を実行してマウントしたら、その中の「XcodeTools.mpkg」を実行します。
  3. Xcodeインストーラが起動するので、インストーラの指示に従ってインストールします。
  4. インストールしたら、一度ソフトウェアのアップデートを確認し、適用しておきます。

 MacPortsのダウンロードとインストール

  1. MacPortsの公式サイトからDisk Imageをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたDisk Imageを実行して、pkgを実行します。
  3. インストーラの指示に従ってインストールします。
    • bashの設定ファイル($HOME/.profile)は、MacPortsのインストール時に自動的に設定が書き込まれます。設定内容は以下のとおり(環境によって異なる場合があります)。
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
export MANPATH=/opt/local/share/man:/opt/local/man:$MANPATH
    • 設定ファイルが書き換わっていることを確認(または自分で設定ファイルを書き換え)したら、念のためそれらを有効にするために設定ファイルを読込みます。
$ source ~/.profile
  • 念のため、きちんとパスが通っているか確認します。
$ port version
Version: 1.920
  • 使い始める前に、MacPorts自身のアップデートとportsリストの更新を行っておきましょう。
$ sudo port selfupdate
$ sudo port sync

 参考サイト

  • [1]そもそも最近のUNIX系OSでX11がプリインストールされてない環境ってあるのかな…?
  • [2]Xcode 4から有料になったのか???→ 追記:http://wayohoo.com/ios/news/xcode-4-mac-app-store-pay-release.html Xcode 4も無料で手に入るみたい

LOGIN: 未ログイン

最終更新時間:2011年04月21日 12時01分29秒

Copyright (C) 2009-2013 TMD45.JP, Some rights reserved.